1. Top
  2. ニュース
  3. webサイト翻訳に求められることとは

webサイト翻訳に求められることとは

TMJ JAPAN(以下TMJ)ではwebサイト上で使用される各種テキストの英訳や和訳を対応しております。今回はこのwebサイト翻訳についてご紹介いたします。

企業が自らの言葉で、消費者やビジネスパートナーなど広範な層に向けて情報発信ができる場としてwebサイトは非常に重要な存在です。取り扱う商品やサービスの最新情報はもちろん、SDGsやダイバーシティ&インクルージョン(D&I)など、社会に向けた企業の取り組みを発信する機会も増えてきました。企業のグローバル化に伴い、多言語でwebサイトが作成されることも多くなっています。

インターネットを通して全世界に情報を発信できるwebサイトは基本的に全てのインターネットユーザーに対して開かれたものです。但し、言語が異なればサイトを訪問するユーザー層も変わり、それぞれのユーザーが持つ文化的背景も異なってきます。単に原文を直訳しただけでは、情報は伝わったとしても、企業が本当に伝えたいイメージやメッセージが正確なニュアンスでは伝わらないかもしれません。特定の訪問者層をターゲットとするwebサイトであれば、そのターゲット層に合わせた柔軟な調整が必要となってくる場合もあります。

ある案件では、顧客が海外向けにプロジェクトを展開するにあたって、事業PRサイトの英訳依頼をいただきました。顧客もwebサイト翻訳を外部に依頼するのが初めて、という案件だったため手探りからのスタートでしたが、だからこそ細かな部分までヒアリングを重ねてお互い協力しながらプロジェクトを作り上げていく形となりました。

ヒアリングを通して、特に英国での市場拡大を希望されていることが分かり、翻訳に際してはイギリス英語で対応させていただくことになりました。イギリス英語のネイティブチェックを行い、また他にも顧客側がこだわる要望を反映させながら作業を進め、事前に決まっていたプロジェクト開始の期限内で満足いただけるwebサイトの公開を実現することができました。

別の事例では、外資系企業がグローバル全体で共有する価値観や企業理念、SDGsやD&Iなどの取り組みを、日本語版webサイトに反映させる上でのテキスト和訳をご依頼いただきました。想定されるターゲットは日本の社員から取引先、一般消費者、入社を志望する学生まで幅広く、多くの訪問者が予想されるコーポレートサイトです。

こちらの事例では広範な層の日本語話者に読まれることを想定するため、日本語としての自然さや可読性を特に重視しました。原文の英語的表現に囚われすぎることなく質の高い日本語を書くことができる翻訳者を選定するとともに、校閲専門の担当者も別途アサインし、一語一句に気を遣いながら洗練された日本語文章を作り上げることに注力しました。 会社あるいは事業サービスをPRしたいのか、どのような層をターゲットとしているのか、様々な目的に応じたメッセージ性が企業webサイトには込められています。顧客とのコミュニケーションや翻訳チーム内での連携を通して、そのメッセージを最も効果的に訪問者へ伝えられるwebサイトを作り上げ、その公開を迎えられるのは翻訳コーディネーターとしてもやり甲斐や喜びを感じられる瞬間です。

翻訳コーディネーター

お問い合わせ

ご不明な点や、翻訳・通訳のお見積もりは、
お問い合わせフォームよりご連絡下さい

翻訳・通訳に関するご相談や人材派遣/紹介など、お気軽にお問い合わせ下さい。
土日祝日を除き、担当者より一両日中にご回答いたします。

Contact Form