1. Top
  2. ニュース
  3. コロナ禍で増加する動画字幕翻訳の実態と、弊社実績

コロナ禍で増加する動画字幕翻訳の実態と、弊社実績

TMJ JAPAN(以下TMJ)への依頼が増えている案件のひとつが、動画の字幕翻訳です。新型コロナウイルスの影響で対面型から動画へと移行した社内トレーニング資料や、ウェビナー動画、企業のプロモーション動画など、外資系企業がグローバルで使用している映像資料を日本で活用するための和訳、また逆に日本の資料をグローバルで活用するための英訳などの案件を翻訳対応しております。

字幕翻訳を行うにあたっては、通常の文書翻訳とは異なる手法やノウハウが必要となる部分もあります。画面に表示される文字数の制限内で区切っても理解しやすい訳文とすること、映像と対応させるため語順や文字数を調整する必要があることなど、字幕翻訳特有の制約の中で自然な訳文を実現するためには相応の知識と経験が求められます。

現在では自動翻訳(機械翻訳)の技術も急速な発展を遂げており、弊社でも導入しております。しかし、字幕翻訳の分野で言えば、ビジネスの現場でそのまま使用できる品質を実現できるのは、まだまだ厳しいという印象を抱いております。とりわけ独特な特性のある字幕翻訳に関しては、自動翻訳で自然な訳文を生み出すことは難易度が高いと言えます。低品質な字幕は視聴者の理解や映像への集中を妨げるだけでなく、企業のイメージを損なうことにも繋がりかねません。

TMJでは和訳であれば日本語、英訳であれば英語のネイティブスピーカーが字幕翻訳を行い、字幕特有のルールに沿った完成度の高い訳文を生み出しています。また翻訳だけでなく映像技術者による字幕焼き付け作業にも対応しており、縦書きや上下などの柔軟な配置、映像の視認を妨げない字幕、日英同時の字幕表示など細かな要望にも対応可能です。最適な字幕を付けた状態の動画ファイルを成果物として納品させていただきますので、そのまま完成品として実際の業務にご使用いただけます。

TMJが高品質の字幕翻訳を提供させていただける理由のひとつとして、映像翻訳を専門的に学んだ翻訳コーディネーターの存在があります。また翻訳者やレビュアーなども含め、プロジェクトに携わる者の多くが映像翻訳の知識を身につけており、字幕翻訳を行うための十分な人的リソースを揃えています。

字幕翻訳を専門とする業者や翻訳者の場合、映画をはじめとしたエンターテインメント系の字幕翻訳に力を入れている場合が多く、一方でビジネス用語などについての知識は十分ではない傾向があると言えます。その点、外資系コンサルを主要顧客としているTMJの場合はその分野が最大の強みですので、ビジネス翻訳と字幕翻訳の経験やノウハウを組み合わせ、ビジネスの現場で活用される動画資料の翻訳には特に自信を持って対応させていただいております。 また、文書資料の翻訳と比較して工数の多くなる字幕翻訳にはある程度の時間が必要となるケースも多く、例えば5分間の動画を文字起こしから翻訳、字幕付作業まで翻訳業者に依頼したとすれば5営業日程度を要するのが一般的です。しかしTMJでは最短3~4営業日程度で対応させていただいており、納期の面でもご納得いただける提案をさせていただきます。

翻訳コーディネーター

お問い合わせ

ご不明な点や、翻訳・通訳のお見積もりは、
お問い合わせフォームよりご連絡下さい

翻訳・通訳に関するご相談や人材派遣/紹介など、お気軽にお問い合わせ下さい。
土日祝日を除き、担当者より一両日中にご回答いたします。

Contact Form