通訳業務委託はどのように手配すればよいか?通訳会社を探す際のポイントや依頼する際の注意点を徹底解説!

通訳業務委託はどのように手配すればよいか?通訳会社を探す際のポイントや依頼する際の注意点を徹底解説!

通訳会社へ業務委託する際の会社選びのポイントや、依頼する際の注意点などを詳しく解説しています。

目次

グローバル化が進む様々なビジネスシーンで、日本語や英語、その他言語を母語とする多様なメンバーが参加する会議が行われる機会も増加し、通訳業務の需要は益々高まっています。
今回は通訳を外注するための通訳会社を探すポイントと、実際に通訳を依頼する際の注意点について解説します。

活用場面に合わせて、最適な通訳会社を見つける方法

通訳を依頼する際、通訳会社によって特色や得意分野などが異なるため、まずは活用場面に合った最適な通訳会社を見つけることが重要となります。

最初は各通訳会社のホームページを確認することが基本です。得意分野のほか、国際会議など過去の通訳対応実績や顧客企業などの掲載内容を参考にして選定すると良いです。

通訳会社の得意分野は、具体的にはどのような通訳者を抱えて登録しているかによって決まると言えます。
個別で通訳者の実績やプロフィールなども記載があれば参考となりますが、そこまでの詳細は記載されていないことが殆どです。
そのため、候補となる通訳会社が決まれば一旦問い合わせをし、要望に合った対応が可能かどうか、どのような通訳者を抱えているかを確認する事をお勧めします。

通訳の依頼は速やかに行う

依頼したい通訳会社が決まったら、通訳者のスケジュール確保も必要になるため、できるだけ早く通訳会社へ依頼することをお勧めします。

特に同時通訳の場合、対応できる通訳者が限られているため、早めにスケジュールを押さえることが重要となります。ただし、一定期間を過ぎてからキャンセルすると、キャンセル料金が発生する場合がありますので、その点にも注意が必要です。

通訳業務を委託する上でのチェックポイント

通訳業務を委託する上で、必ず確認させていただくポイントが5点あります。
事前にご用意の上、お問い合わせやご依頼をいただけるとよりスムーズな手配が可能となります。

  • 通訳業務が必要となる日時、対応時間
  • 通訳の種類(同時通訳 or 逐次通訳)
  • 通訳対象の言語
  • 通訳対象の分野、内容・トピック
  • オンライン(リモート)、オフライン(オンサイト)のどちらか

1名の通訳者で対応できる通訳時間は約1時間程度

通訳業務は発言内容を記憶し、その場で別の言語にして話すため非常に負担の大きい業務です。
そのため、一人の通訳者が対応できる時間は60~90分程度となります。これを越える対応の場合は複数名体制を取り、料金も変更となるケースが多いので注意が必要です。

同時通訳と逐次通訳の違い

通訳の種類は主に「同時通訳」と「逐次通訳」の2パターンがあります。

「同時通訳」は話者が話しをするのと同時進行で通訳を行いますので、スピーディーに会話を進めることが可能です。

一方「逐次通訳」は発話の区切りごとに通訳を行うため、テンポは少し遅くなりますが、より正確・丁寧な通訳が可能となります。内容を吟味しながら進めるためには「逐次通訳」が適しています。

通訳の品質向上に関わる2つのポイント

実際に通訳業務を行う際に、お客様側にお願いしたい事項を2点挙げます。
通訳品質の向上に繋がる点でもあり、お客様側にもメリットのあるポイントですので参考にして頂けたらと思います。

事前の資料提供

まず、当該の通訳業務に関連する資料を可能な限り事前にご提供いただきたいということです。
通訳者はもちろん対象言語のエキスパートであり、それぞれの専門分野にも精通していますが、担当する会議の中にはやはり初めて接する内容も含まれます。
会議で用いられるスライドやアジェンダ、過去の同種会議の議事録、メモ程度であっても、事前に参照し準備することができれば通訳業務の精度は格段に高まります。

実際にお会いしていない通訳者に大事な資料を渡すことを不安視される部分もあるかもしれませんが、通訳会社は全ての登録通訳者と守秘義務契約(NDA)を交わしています。
通訳者もプロフェッショナルとして情報の取り扱いには万全の注意を払っており、資料や通訳業務の内容が第三者に漏れることは決してありませんのでご安心ください。

オンライン通訳ではマイクのご用意を

2つ目のポイントは、最近大幅に依頼件数の増えているオンライン通訳の場合です。
オンライン通訳においては、ネット回線経由で伝わる音声のみが通訳者にとって唯一のインプットとなり、声が聞き取りにくかったり音割れしたりすれば、正確な通訳は困難となるため、会議に参加される皆様にはマイクのご利用をお願いしております。

簡易的なものでも構いませんので、PC内蔵マイクではなくUSBのマイク付きイヤホンやヘッドセットなどをお使いいただくと通訳品質の向上・安定に繋がります。

最後に

通訳業務を委託する際の、通訳会社の探し方や依頼する際の注意点を解説いたしました。
時代の変化と共に、通訳が必要となるシーンや通訳手法は日々変化していきます。

最適な通訳会社を見つけるためにも複数社への問い合わせを行うことや、事前準備を行った上で、高品質な通訳サービスを利用すれば、お客様のビジネス成功にも繋がります。

弊社TMJ JAPANの通訳サービスでは、業界・分野に精通する優秀な通訳者を派遣する事も可能ですので、通訳会社をお探しの場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。

有限会社TMJ JAPAN翻訳・通訳コーディネーター

上田

提供サービス

翻訳サービス

納品する翻訳の成果物は、お客様が「そのまま使用できる文書」。翻訳会社としての経験・実績が豊富な翻訳コーディネーターが、品質・納期・価格等お客様のご要望に沿った最適なご提案をします。

View More

翻訳サービス

通訳サービス

高品質且つ低価格で、お客様が求める以上の「最高の通訳者」を手配。弊社の通訳コーディネーターが、国際会議やビジネスの場で活躍する経験豊富で優秀な通訳者を手配いたします。

View More

通訳サービス

翻訳者・通訳者の人材派遣・人材紹介

優秀な翻訳者、通訳者を採用したい期間に応じてご紹介。大手コンサルティングファームにも喜ばれた、質の高いピンポイントな人材を他社よりも安価に紹介いたします。

View More

翻訳者・通訳者の人材派遣・人材紹介

お問い合わせ

ご不明な点や、翻訳・通訳のお見積もりは、
お問い合わせフォームよりご連絡下さい

翻訳・通訳に関するご相談や人材派遣/紹介など、お気軽にお問い合わせ下さい。
土日祝日を除き、担当者より一両日中にご回答いたします。

お問い合わせ